Fess 13.13のリリース

Fess 13.13をリリースしました。個々のコンポーネントでも変更はあると思いますが、Fess自体への変更を中心にまとめておきます。

#2568でプレフィックスクエリーやファジークエリーのパラメータをfess_config.propertiesで細かく指定できるようにしました。Fessの検索で ワイルドカード検索するときとかに細かい調整ができるようになりました。

#2569#2570はEOLとアップグレード画面の更新で、マイナーアップデートの定期作業です。

#2571はDeprecatedなメソッドを削除しました。

#2572は、キーマッチの設定で詳細画面では設定されたURLを表示するようにしているのですが、仮想ホストを利用している場合には表示されていなかったので修正しました。

#2573はデータストアクロールのクロール設定で、利用するスクリプト言語をパラメータで指定することができるようになります。デフォルトではGroovyですが、OGNLプラグインを入れると、スクリプトがOGNLで処理することができます。データストアクロールで高速かつ大量にクロールしたい場合は、OGNLを使ってみたりすると良いと思います。

#2574では、現状、クロール設定のパラメータのキー名がキャメル形式だったり、スネーク形式だったりと統一感がないので、スネーク形式に統一しようという試みです。とはいえ、互換性もあるので、現時点では、どちらでも指定できるような感じになっています。

#2575はMavenのPOMの整理をした修正です。Fessは数十を超えるプロジェクトが存在しているのですが、それらの依存ライブラリのバージョン管理が個別に行われており、メンテの手間が多くなったので、親プロジェクトを作ることで一括管理するようにしました。

#2576はmapping.txtで①などを1 に変えました。たとえば、「①②③」というのは、今までは「 123」として扱われていましたが、「1 2 3」とするようにしました。

#2577はAzureADでシングルサインオンをするときに権限情報の取得先を指定可能にしました。

#2578はgroovy.use.classvalueを使っている場所が残っていたので、削除しました。

何かあれば、フォーラムまでお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。