CodeLibs Sai

JDK 15になり、Nashornが削除されると、JVM上でのJavaScriptのランタイムが消えることになる。Fessではxmlの設定ファイルでJavaScriptを書いたりしていて、Nashornが必要になる状況なので、数年前にNashornをフォークしてSaiとして利用することにしました。JDK 15がリリースされたので、Fessの動作確認しても特に問題はなさそうなので、必要であれば、Saiを利用すれば移行とかがしやすいかと思います。ちなみに、Nashornが動物のサイだったので、単純にSaiにしました…。そんな感じのものですが、興味があれば使ってみてください。

ghcr.ioにDockerイメージをpushする

DockerHubが利用されていないイメージを破棄するということで、ghcr.ioに移行するケースもあると思うので、その時のメモ。

まず、dockerコマンドでpushできるようにするためにdocker loginする必要があるが、そのときにGitHubのトークンが必要になるので、ここの手順で生成する。write:packagesのスコープを付けておけば良い。ここで生成したトークンの文字列をtoken.txtとか、ファイルに保存しておく。

次にdocker loginコマンドで以下を実行する

$ cat token.txt | docker login ghcr.io -u [GitHubユーザー名] --password-stdin

実行して、Login Succeededと出れば成功。あとは、docker push ghcr.io/codelibs/fess:latestみたいな感じでpushすればよい。

Fess 13.9のリリース

Fess 13.9をリリースしました。特に新しい機能とかはありませんが、Windowsでサービスに登録できないバグなどを修正してあったりします。あとは、Luceneとかも最新を利用しているので、Kuromojiのパフォーマンス劣化問題等々が修正されたものを利用しています。何か問題などあれば、フォーラムに投げてください。

WSLにホスト側からアクセスする

Windows+WSL(Ubuntu)の環境にしてしまえば、ブラウザ以外の作業とかをすべて、WSL上で行えば、Ubuntuで操作しているのとほぼ変わることがないほど、WSLの品質は上がっていると思う今日この頃。この環境で使う場合に、Windows側からWSLで起動したHTTPサーバとかサービスとかにアクセスできないと不便な感じになってしまうが、c:\Users\ユーザー名\.wslconfig で

[wsl2]
localhostForwarding=true

と記述して、WSLを使えば、Windows側でlocalhost:8080とかアクセスすれば、WSL上で起動している8080のサービスにアクセスできるようになる。

WSLの割り当てメモリ量を変更する

デフォルトだと、ホストマシンの50%か8GBのどちらかになる。メモリの割り当て量を変更したい場合には、c:\Users\ユーザー名\.wslconfig に

[wsl2]
memory=16GB

という感じで指定すればよい。設定の反映は、wsl –shutdownとかで、一度、WSLを止めるなどすればよい。