Fess 13.13.1のリリース

13.13.1をリリースしました。特に大きな変更はないのですが、主な変更は以下の感じです。

#2582は、検索利用者の識別IDをCookieに入れているのですが、そのIDのバリデーション処理を整理して、複数のパターンの生成ロジックで同じバリデーションが適用されるようにしました。

#2581はXMLのパース処理で外部エンティティが参照されないようなオプションを追加しました。とはいえ、元々参照されないようにオプションは追加しているのですが、Tomcat以外のアプリケーションサーバーのとき(?)に追加するようにSonarが言い出していたので、念のために追加した程度の話なので、影響は特にないはずです。

#2580はキーマッチの詳細画面でその設定に一致したURLを表示する機能があるのですが、仮想ホストを設定していないと表示されない状態だったので、表示されるようにしました。

#2579は設定のリロード処理をリファクタリングしました。Fessをクラスタ環境で利用しているときには、設定情報をどこかのノードで変えた場合にその設定を他のノードにも反映する処理をConfigReloaderジョブで実施していますが、その処理を整理した感じです。

何かあれば、フォーラムに投げてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。