Fess 13.4.1

いつものメンテナンスリリースだと、特に機能追加とかしていないのだけど、今回はcodesearch.codelibs.orgを作っているというのもあり、いろいろと修正してしまった。主にファセットの表示まわりが今までだと、XMLファイルで指定しないと変えることができなかったのだけど、これだとDockerとかで起動している場合とかにはファセットの表示内容の調整とかが難しいので、fess_config.propertiesに移して、query.facet.*あたりの値で調整しやすくなったと思う。この辺の設定を変えておいた上で、JSP上で表示するように記述すればOK。

これのリリースに合わせて、docker-codesearchもタグを打った。まだまだ調整が必要なところもあるけど、ひとまず、開発現場とかでソースコードの検索とかに使えるように整理した。https-portalを使っているので、パブリックなサイトであれば、SSLも普通に使うことができるはず。イントラのドメインとかで使う場合はhttps-portalの情報を確認してもらえればよいかと。あとは、codesearch.codelibs.orgではAdWordsやTagManagerとかが入っているのだけど、これらはFessの環境変数機能を使っているので、管理画面の全般でfess.gtm_id=…みたいにシステムプロパティを設定しないと表示とかはされません(なので、広告とかは表示されなはず)。

という感じで、今回はいろいろと必要なものを追加した気がするけど、docker-codesearchはソースコード検索に特化した感じだけど、その他、何かのドメインに特化した検索を作りたい場合とかはこれを参考にして作れば、独自の特化型検索サーバとかが作れるのではないかと思います。

という感じのFess 13.4.1でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。