ライセンス

CGIポートレットをコミットするためには、ちょっとライセンスの問題がある。 このコードのベースになるものが Apache ライセンスが適用されているため、ほかのライセンスを適用するのが難しいような気がする。 ライセンスの話は難しい・・・。 Apache ライセンスを見ていると、ソースコードからライセンス表示の部分を削除することができないようだ。 ということは、CGIポートレットも Apache ライセンスを適用するのが一番無難かな・・・。 誰か、ライセンスの問題をわかりやすくまとめてくれると非常にうれしい。 専門家じゃない人にとっては、結構、調べるのも大変だし・・・。 編集して、どうすれば、再配布が OK になるのかライセンスごとにまとめてあると、便利なのにな・・・。

ついに、PHS から au に買い換えました。 そんなわけで、電話番号が変わったんで、みなさま、よろしく~。 っで、A5303AII という機種にしたんだけど、今までの PHS の時代より快適になりました。 PHS、しかも、ルモテシリーズを 8 年近く、使い続けてきましたが、ついに終止符を打つことにしました。 というより、PHS の新機種がほとんどでないし、機種もやすくもならない知っていうのが、やめる原因だが。 まぁ、よく、いままで PHS を使い続けてきたなっていう感じもする。 昔は、通信速度が速かったから、その辺に惹かれて使い始めたが、いまじゃ、kbps では大した魅力も感じないし。 PHS も AirH となって、生き残りをはかろうとしているけど、電話機としてはもう無理っぽい気もする。(というか、feelH はどこいったんだ?) そういう感じで、最新技術に取り残され気味だったので、ここいらで、挽回をはかるべく、新しいもんに替えてみました。 機能などの仕様をドコモとJフォンで比較して、au に決めたんだが、au も一点気に入らないところがある。 それは、BREW だ・・・。個人的には、そっちの方向はやめてほしいんだよね。 現に中国のキャリアも BREW 一本路線を撤回しているから、au もはやいとこ、撤回してくんないかなっと思う今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。