Fess 14.2のリリース

Fess 14.2をリリースしました。大きな変更はありませんが、URLをクリップボードにコピーしたいという、長年あった要望に対応しました。なので、検索結果画面にコピー用のアイコンが表示されています。

今回の主な変更点は以下のような感じです。

#2657はMinIO連携したときに有効になるストレージ機能で、タグを設定できるようになりました。MinIOはS3互換なのでS3のタグと同様な感じの機能に対して、Fessから設定できるようになった感じです。

#2658#2659は検索結果画面でURLをクリックボードにコピーするアイコンを追加しました。ついでに、他の表示内容も整理しました。#2662でfess_config.propertiesでclipboard.copy.icon.enabledでアイコンを表示・非表示を調整できるようにしました。

#2660はOpenSearchDefinitionのリンクをfess_config.propertiesで無効にする設定を追加しました。EdgeがWindows統合環境のSSO環境において、このリンクで謎の挙動をすることで、SSOが無効になる挙動が確認されたので、設定で無効にできるようにしました。

#2661は英語のラベルが実状と合うように変更しました。

#2665はデータストアクロールでパラメータにkeep_expires_docs=trueを指定すると、ドキュメントの有効期限が切れていても残すような設定を追加しました。フォーラムのこの話の対応です。

という感じで、他には、OpenSearch 2.0に対応したとかもありますが、何かあればフォーラムをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。