eckctl

ElasticsearchをKubernetes上で便利に使えるものとして、Elastic Cloud on Kubernetes(ECK)があるけど、ローカル環境でも手軽にKubernetesクラスタを作って、そこでECKを動かせるようにしたいな、ということで、eckctlにまとめてみました。

手軽にKubernetesクラスタも作る必要があるので、eckctlではデフォルトでkindを利用することにしてます。なので、

$ ./eckctl create

とすると、ローカル環境にKubernetesクラスタができて、そこにECKを入れて、Elasticsearchクラスタができます。

サービス経由でアクセスするか、ポートフォワーディングで、

$ ./eckctl proxy

をして、別ターミナルで

$ ./eckctl curl https://localhost:9200/

みたいにするとElasticsearchのクラスタにアクセスできます。ECKのElasticsearchにはパスワードがかかっているので、eckctl経由にすることで、パスワードを付加してアクセスしています。

あとは、使い終わったら

$ ./eckctl delete

すれば、きれいに削除することができます。

使いながら、もう少し便利にしていこうかとは思いますが(ドキュメントを含めて…)、別にkindに依存しているわけではないので、そのうち、AWSやGCPにもデプロイできるようにしたいなとも思いますが、そこまで時間がないような気も…。とりあえず、FessのK8s対応が保留になっているので、eckctlベースに対応を進められないかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。