Docker Compose for Elasticsearch

ElasticsearchやKibanaをある程度はきちんとした状態で、手軽に試したいときがあるのだけど、そういうときにはdocker-fessを使っていた。でも、別にFessを使う必要はないし、プラグインとかも調整したいなということで、docker-elasticsearchにまとめてみた。

Elasticsearchだけを起動してみたいときには

$ docker-compose -f docker-compose.yml up

とすれば、localhost:9200でアクセスできるし、Kibanaも一緒に使いたいなー、というときには

$ docker-compose -f docker-compose.yml -f docker-compose.kibana.yml up

とすれば、localhost:5601でKibanaを使えるようになる。

プラグインとかをインストールしておきたいときには

$ ./bin/elasticsearch-plugin install analysis-kuromoji

とすれば、起動したElasticsearchで使えるはず。

今後も必要に応じて、微調整していく気はするけど、これで必要なときにコマンド1つで起動できるから便利になるかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。