h2o-3で日本語のトークナイズ

h2o.aiのH2OFrameにtokenizeがあるけど、これは正規表現で区切って、単語分割を実現してくれる。がしかし、日本語だと全く持って役に立たない…。でも、日本語を何とかしたい、でググってもPythonの世界にデータを持ってきて処理したりするのはあるがイマイチ期待する解決策でもない…。

ということで、どうしたものかと思い、Fione環境であればElasticsearchもあるので、ElasticsearchのAnalyze APIを用いて、単語分割を実現することにした。Fione環境だと、さらにFessの設定も使えるので、japanese_analyzerとかもあるので、これを呼べるようにすれば解決なわけである。

H2OFrameに新たなメソッドを生やすのも面倒なので、既存のtokenizeにtokenize:elasticsearch:urlみたいな文字列を渡されたら、ElasticsearchのAnalyze APIを呼んで、単語分割することにした。ということをやってくれるElasticsearchTokeinzerパッチがこれ

という感じで、これで、Python側にデータを持ってこないで、h2oのMRTaskの世界で処理ができるようになったので、ひとまず、解決。これで、Fioneで日本語をWord2Vecできるようになったはず。(素のh2oで使う場合は別途elasticsearchを用意するか、tokenizerをそんな感じで作るかかな…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。