Workplace Searchの検索を試す

前回、インストールしたものの、クロール対象を用意しないとクロールできなかったので、今回はクロール対象の中で、簡単に準備できそうなDropboxをクロール対象にして試してみた。

DropboxのOAuthの設定が必要だが、手順自体はここにあるので、そこでApp KeyとApp Secretが生成できるので、それをWorkplace SearchのDropboxの接続情報に入れてConnectするとこんな感じで、取得したドキュメント件数が表示される。

今回は、Fessで使っているテスト用ファイルがfess-testdataにあるので、そこのファイルたちをDropboxに置いておいた。

とりあえず、今回は63ファイルがインデックスされたようなので、検索してみる。Go to Search Applicationで検索画面が表示される。

テスト用のファイルには「Lorem ipsum. (ロレム・イプサム) 吾輩は猫である。」という文字列があるので、試しに猫で検索してみると、こんな感じになる。

テキスト、HTML、MS Office、PDFあたりが検索できるようだ。ただ、Fessのテストデータにはいろんな種類のファイルが含まれているのですが、XMLファイルやzipに含まれるファイルなどはヒットしていなかった。あとは、仕方がない感はあるけど、Docuworks、AutoCAD,一太郎はヒットしていない。

検索結果をクリックすると、右側に情報が出てきた。それをさらにクリックすると対象のファイルに飛んでいく感じ。今回であれば、Dropboxのサイトに移動する。

絞り込みやソートについては、時間で絞り込み、関連度順と日付順のソートがある感じだった。

という感じで、今どきのUIだなという感じの印象でした。最近、Fessも今どきのUIが必要だなとは考えていたので、考えないとなと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。