Fess 13.6のリリース

Fess 13.6をリリースしました。いろいろと入れたような気もします。

まずは、管理画面をAdminLTE 3にバージョンを上げました。これに伴い、色合いが変わったので見た目も変わった感じがするかもしれません。見た目が変わったついでに、ここ数年で統一感がなくなっていた部分などもいろいろと統一をしました。カタカナ長音もマイクロソフトのルールに従い、クローラーとか、ーが付けるものは付けるにしてます。

設定ファイルにはsystem.propertiesとfess_config.propertiesがありますが、Dockerで使うときだと、ファイルを変えるのはちょっと面倒だったりします。ということで、fess.system.*とfess.config.*というシステムプロパティでコマンド実行時に渡せるようにしました。これで、設定をdocker run時とかに渡すことができるようになりました。

管理ロールの細分化できるようになりました。以前から管理画面を細かく出し分けたい、という話があったのですが、ついに入れました。FioneがFessの管理画面を使っているので、ログインしたときにFioneのメニューだけを出したい、というのがあったので、入れた感じです。

という感じで、それ以外はバグ修正的な細かい話を直した感じだったと思います。どうぞ、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。