Fess 12.5のリリース

Fess 12.5をリリースしました。

今回の新機能はストレージ機能です。Fessを使っていると、別途ファイルサーバとか用意しないでもファイル置き場的な場所が欲しくなるケースもあります。とはいえ、独自に作るといろいろと考えることも多いので、MinIOと上手く連携することで処理できるようにしました。管理画面の全般でエンドポイントとかを指定すれば、管理画面のストレージでファイルにアクセスできるようになります。さらに、ファイルクロール設定でstorage://バケット名/パス的な感じで指定するとクロールすることもできます。試したことはないですが、MinIOはゲートウェイとしてS3やGCSなどにも繋げるようなので、いろいろな使い方ができるはずと考えています。

それ以外のところだと、ライブラリの依存関係を整理したりと細々として変更をいれてあります。どうぞ、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。