storage:// を追加

Fess 13.5からはMinIO連携が入る予定ですが、MinIOへのアクセスをstorage://という新たなプロトコルで追加します。なので、ファイルクロールの設定でstorage://バケット名/ とすることでクロールすることができます。

まず、MinIOを以下のような感じで起動しておきます。

docker run -p 9000:9000 \
   -e "MINIO_ACCESS_KEY=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" \
   -e "MINIO_SECRET_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY" \
   minio/minio server /data

Fessのクロール設定的には、たとえば、fessというバケット名であれば

パス:storage://fess/
設定パラメータ:
client.endpoint=http://localhost:9000
client.accessKey=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
client.secretKey=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY

という感じになります。あとは、普通にfessバケット配下をインデックスしてくれます。

MinIOはバックエンドで動いている想定なので、検索結果のリンクをクリックすると、Fessのコンテンツプロキシ機能によって、MinIOに直接ではなく、Fess経由で取得することができます。これにより、Fessへのアクセス権限を用いて管理することもできます。

MinIO自体はゲートウェイ機能もあるので、AWS S3を対象にできたり、GCPやAzureなども同様にクロールすることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。