XMMS

Linux でプレイヤーといえば、XMMS を愛用していたのだが、Redhat9 にしてから、これを使っていなかった。 久しぶりに使おうと思ったが、デフォルトの状態では、mp3 が再生できない・・・。 そこで、xmms-mpg123 の RPM パッケージをダウンロードしてきて、それだけ入れたけど、mp3 を再生するとセグメンテーションフォルト・・・。 仕方がないので、RPM パッケージを作成中・・・。 個人的には、Solaris では、セグメンテーションフォルトとか起きたら、truss や p~ コマンドで解析しようと思うのだが、Linux だと、strace 以外には便利なコマンドがないのかね。 Linux でも p系のコマンドはほしいし、やっぱり truss もほしい。 どうも、strace じゃ、そこまで調べる気にはならない今日この頃。 何かいいコマンドはないのかね。

SCO のライセンス契約を結んだ企業があるようだ。 個人的には、結構、誤った戦略のような気のするが・・・。 そもそも SCO が勝ったときに Linux の将来はどうなるのだろうか。 その場合は、2.2 のときまで SCO は戻れといっているので、そこからやり直すか、該当のコードを現在のものから抜くことになるだろう。 そうなれば、SCO へライセンス料を払う必要ないしね。 でも、この裁判は和解になって終わりそうな気がするな。 そもそも、IBM が負けたりしたら、AIX とかもどうなるかわからんし、あまりあり得なそう。

結局、ビルドなんかし直したりしたけど、よく検索してみたら、以下のところに RedHat9 用にありました。<br/> <br/> <a href="http://havardk.xmms.org/dist/xmms-1.2.7-rh8-rh9-rpm/">http://havardk.xmms.org/dist/xmms-1.2.7-rh8-rh9-rpm/</a>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。