Jetplumeの開発日記

今日は、ビルドしたものをtarで固めるところまで作る。データベース関連の処理などは、インストーラーがやるべきだろう。っで、どうやって、tarで固めたものをスクリプトの中に入れればよいのだろうか?そこで、J2SEがシェルでそのシェルの中にいれていたので、調べてみる。なるほどねっという感じだった。tailを使えばいいのか。そうすれば、自分自身の中にバイナリを入れられるのね。というわけで、その方法でインストーラーを作ろう。でも、結構、巨大なファイルになりそう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。