カーネル2.4.22にroot不正取得可能な脆弱性

だそうな。Debianとかは、大丈夫だといっているけど、RedHat とかはどうなんだろう。Redhatとかのカーネルって、かなりのパッチを当てているから、単にバージョンだけではどうなのか分からないところがあるな・・・。

これってどうなんでしょ?私の知る限り、Windowsがそのレベルにいっているようにも思えないけどな。これは、チャレンジしますっていう発表なのか、何なのかいまいちよく分からないところ。今後は、銀行をシステムで選ぶ時代が来るのかな・・・。

Redhatがどうなのかなっと思っていたら、アップデート版がリリースされていた。やっぱり、直っていなかったのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。