S2Utilでハッシュ値を得る

可逆な暗号化をする場合はCipherPoolUtilを使えば良いですが、一方向ハッシュ化して可逆じゃない文字列を得たい場合はMessageDigestUtilを利用します。用途的にはパスワードをハッシュ化して保存したりするのに使ったりとかでしょうか。

使いかたは簡単です。digestメソッドを呼ぶだけです。以下のような感じです。

String text = "パスワード";
String value = MessageDigestUtil.digest("MD5", text);

第一引数にアルゴリズムを指定して、第二引数にハッシュ化したい文字列を記述します。戻り値は文字列をハッシュ化された文字列です。アルゴリズムには SHA-256 など使えます。詳しくはjava.security.MessageDigestのjavadocで使えるアルゴリズムを確認してください。

カテゴリー: S2Util, Seasar パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.