Fessでの複数の接続先対応

現状、ES_HTTP_URLには1つの接続先しかかけないのだけど、そのうち、複数の接続先対応をしないとな…と思い放置していたのですが、フォーラムでElasticsearchのクラスタのコーディネートノードが複数いる場合にどうするのだ?みたいな話が上がったので、対応することにした。商用サポートの場合だと、ほとんどの場合でFessとElasticsearchが相乗りしている状態なので、この要件の優先度が上がらなかった。

Fess 14.1.1からES_HTTP_URLに

ES_HTTP_URL=http://es01:9200,http://es02:9200

みたいにカンマ区切りで記述すれば、ラウンドロビンでアクセスするようになります。アクセスに失敗した場合は、他の利用可能なサーバーにリトライします。失敗したサーバーはデフォルトでは10秒後にアクセスできれば復帰します。

この辺の処理は、Fesen HttpClientで対応しているのだけど、問題があれば、発生ベースで対応していこうかなと…。という感じで、複数接続ができるようになる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。