Fess 14に向けて

Elasticsearch 8のリリースも近づいているので、それに対応したFess 14をどうしようかと考え始めている。作業もあれこれと始めているのだけど、Elasticsearch 8になると、パスから_docが消えるので、影響が結構大きいなと考えている。さらに、これにまじめに対応しようとすると、Fesenをかなり修正しないといけないのもあり、ちょっとそこまで時間を使うことができないかなと…。とはいえ、Elasticsearch 8にも対応していかないといけないし、みたいな悩ましい状況です。

そこで、いろいろと考えたところの現状は、
・Elasticsearch 7.10からフォークしたFesenをメンテしていくのは工数的につらそう
・同じくElasticsearch 7.10からフォークしていたOpenSearchは結構頑張っていそう
・Fessとしては、Elasticsearch 7&8とOpenSearchのサポートをしていきたい
というのがあるので、方針としては
・Fess 14.xはElasticsearch 8.xに合わせてリリースしていく
・Fessの内部コードはFesenからOpenSearchに変更する
・Elasticsearch7&8, OpenSearchの差分はfesen-httpclientで吸収する
という感じでいこうと考えています。なので、今までどおり、Elasticsearchのリリースに合わせて、Fessもリリースはしていく予定で考えています。

そんな感じで、zip版でお試し実行用の組み込み版はOpenSearchに変わることになります。一応、githubの最新ソースコードはOpenSearchに変わっています。まぁ、この辺は見た目にはわからないことなので、普通に使っている分には気づくこともないことですが、今後は、OpenSearchとの連携とかも強化されていくはず…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。