Fess on Kubernetes

Helm対応はできていないのだが、eckctlを作り、elastic cloud on k8sを試せる環境を作っていたので、それをベースにして、kubernetes-fessを作ってみた。簡単にいうと、FessをKubernetesにデプロイして簡単に試せる環境を作るツールみたいな感じです。

デフォルトでは、kindでk8s環境を作るので、ローカルでも簡単に試せると思います。eksctlコマンドを入れておけば、AWSのEKS上にも構築することができます。クラスタの構築内容とかはmanifestsディレクトリに置いてあるファイルを編集すれば調整できます。taintsで配置するPodのノードを指定して、resourceのrequestで1ノード1Podにしているので、AWSでインスタンスタイプを変えるときとかは合わせて変更する必要があります。

今回、EKSで試す環境が欲しかったかというと、elasticsearchのDockerイメージはマルチアーキテクチャに対応していて、ARM環境でも動きます。そこで、FessもARM対応したいなーと思い、検証環境が必要になったので、その環境を作った感じです。ということで、次のリリースから、FessのDockerイメージはARM対応していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。