Fess 13.11に向けて…

elasticsearchのライセンス変更問題に対しては、ほぼ万全な準備ができていたのですが、elasticsearch 7.11がリリースされ、試してみたら大きな問題が発生しました…。7.11からelasticsearchプラグインが可能なアクセス権限が厳しくなり、elasticsearch-configsyncプラグインが利用できなくなったのです。このプラグインが使えなくなると何ができなくなるかというと、このプラグイン経由でelasticsearchに対して、辞書ファイルを送りつけていたのですが、それができなくることで、辞書変更ができなくなりました…。辞書がなければ、インデックスが作れないので、起動ができないと…。ということで、このプラグインへの依存度は大きく、この辺の仕組みを変えないと、しばらくリリースができないという感じです…。ということで、まず、

準備ができるまでは、elasticsearch 7.10系を対象にして、Fess 13.10.xのリリースが続く予定です。

13.11以降のバージョンに対しては、まず、configsyncプラグインをconfigsyncアプリに変更することで対応進めています。これにより、インストールするアプリが増えますが、今までどおりに辞書更新ができるようになる想定です。あとは、この機会にマネージドなelasticsearchのサポートも検討しようかなとも思います。マネージドなelasticsearchの場合、辞書の管理とか、一部の機能が利用できないことになるので、マネージドなelasticsearchを使うオプションを設定で追加して、機能を落とした感じで使えるようにしようかと。

という感じで、予定外の開発が発生してしまっている感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。