Fess 13.6.1のリリース

Fess 13.6.1をリリースしました。バグフィックス的な修正がほとんどだった気もしますが、1つ影響がありそうな変更としては、同義語の処理を変更してます。standard_analyzerがいままで、複数を展開していたのですが、展開するのはやめて、インデックスでは1つの単語に寄せるようにしました。さらに、今までの処理だと同義語登録した単語に内包される単語が検索できなくなっていたのですが、それをbi-gramで展開するようにもしてみました。なので、同義語処理まわりが改善できたかなと思います。次のリリースに入れるでも良かった気もしますが、商用でもこのバージョンを使いたかったので…。

その他の改善系だと、インデクシング時にElasticsearchに投げる前のドキュメントをメモリに保存しているのですが、どれくらい保存するかがcontent lengthの情報に頼っていたので、実際のヒープメモリの使用量と乖離がある場合があったのですが、ヒープ使用量を見積もって、Elasticsearchに投げるようにしました。なので、データストアクロールとかで予期しないOOMとかが回避できるかと思います。

そんな感じで改善をおこなったので、利用してみてください。何かあれば、フォーラムに投げてもらえればと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。