Plutoの使い方

1.1 は Maven2 になって、まだ、ビルド手順がはっきりしないので、1.0.2 のビルド方法について・・・

まず、チェックアウト・・・

$ svn checkout http://svn.apache.org/repos/asf/portals/pluto/branches/ pluto-1.0.2 pluto-1.0.2
$ cd pluto-1.0.2

そんで、~/build.properties に maven のプロパティをセット。

maven.tomcat.home=/jakarta-tomcat-5.0.30/
maven.tomcat.version.major=5

そして、ビルド・・・

$ maven clean fullDeployment

あとは、Tomcat を動かして、http://localhost:8080/pluto/portal にアクセスすれば、完了だが、自前のポートレットを足さないとつまらないので、http://cvs.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/pal/helloworld/ のソースコードをチェックアウトして、maven war でビルド。そして、それをPlutoへ加える。

$ maven deploy -Ddeploy=/pal/helloworld/target/helloworld.war

ただ、加えただけでは表示されないので、PlutoをfullDeployと上のdeployをしたあとに、$TOMCAT_HOME/webapps/pluto/WEB-INF/data/pageregistry.xmlを編集。以下のものを加える。

<fragment name="helloworld" type="page">
<navigation>
<title>HelloWorld</title>
<description>...</description>
</navigation>
<fragment name="row" type="row">
<fragment name="col1" type="column">
<fragment name="p1" type="portlet">
<property name="portlet" value="helloworld.HelloWorld"/>
</fragment>
</fragment>
</fragment>
</fragment>

あとは、実行すれば、表示される。管理ポートレットみたいなところからも配備できるみたいだけど、未確認。以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。