Fess 13.15.1のリリース

Fess 13.15.1をリリースしました。メンテナンスリリース的な感じなので、特に大きな変更とかはないですが、いつものように順番に見ていくと、

#2605はfess_config.propertiesにldap.allow.empty.permissionを加えました。これは、LDAPの認証を利用時にグループまたはロールを持たないユーザーをログインさせるかどうかになります。falseになると、グループ権限が全くないユーザーはログインできなくなります。これにより、LDAPのクエリーを工夫することで、ログインの制御ができます。

#2604はLDAPログイン時にパーミッションが重複して保持するケースがあるので、重複しないようにしました。

#2601はAzure ADを認証に利用しているときに、リソースがないリクエストのエラーを無視しても良いものが警告でログが出力されるので、デバッグレベルにログレベルを変更しました。

#2600はクロール時に中間データのアクセスで問題がある場合にログを適切な出力できるようにしました。

#2599はAPIアクセス時にエラーメッセージがわかりにくいので、適切なメッセージを返すようにしました。

これ以外のところでは、管理画面のダッシュボードでOpenSearchを利用時にバージョンチェックのエラーが出てしまうのを修正したり、Dockerではfessユーザーのホームディレクトリが設定されていないためにサムネイル生成がうまくいかないケースがあるのを修正したり、Fess本体以外でも修正は入っています。

何かあれば、フォーラムに投げてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。