WSLにホスト側からアクセスする

Windows+WSL(Ubuntu)の環境にしてしまえば、ブラウザ以外の作業とかをすべて、WSL上で行えば、Ubuntuで操作しているのとほぼ変わることがないほど、WSLの品質は上がっていると思う今日この頃。この環境で使う場合に、Windows側からWSLで起動したHTTPサーバとかサービスとかにアクセスできないと不便な感じになってしまうが、c:\Users\ユーザー名\.wslconfig で

[wsl2]
localhostForwarding=true

と記述して、WSLを使えば、Windows側でlocalhost:8080とかアクセスすれば、WSL上で起動している8080のサービスにアクセスできるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。