AdoptOpenJDKをパッケージで入れる

ここの情報によると、AdoptOpenJDKでようやくオフィシャルなRPMとDEBファイルが提供されるようになったらしい。というわけで、Ubuntu 18.04に入れてみる。

# wget -qO - https://adoptopenjdk.jfrog.io/adoptopenjdk/api/gpg/key/public | apt-key add -
# echo deb https://adoptopenjdk.jfrog.io/adoptopenjdk/deb/ bionic main > /etc/apt/sources.list.d/adoptopenjdk.list
# apt-get update
# apt-get install adoptopenjdk-11-hotspot

という感じで簡単にインストールできる。

$ java -version
 openjdk version "11.0.3" 2019-04-16
 OpenJDK Runtime Environment AdoptOpenJDK (build 11.0.3+7)
 OpenJDK 64-Bit Server VM AdoptOpenJDK (build 11.0.3+7, mixed mode)

デフォルトが変わらないようであれば

# update-alternatives --config java

をして切り替える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。