pal-wcmの更新

いろいろと更新してみた。S2JCR でコンテンツを管理しようかと思ったのだけど、J2 の実装のところと JCR とでデータが別々に存在するのも気持ち悪いから、今まで通り J2 の PSML に突っ込む構成にした。そんで、pal-wcmのコンテンツの編集や管理画面については、SAStruts を適用してみた。使い勝手は、HotDeploy も有効だったし、思った以上に順調に使えた。Teeda をポートレットに対応するときには結構辛かったけど、SAStruts なポートレットは今のところ、特に問題なく利用できている(と思う)。SAStruts なポートレットも今日か明日でドキュメントを書かないと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。