Jackrabbitの学習

ファーストホップとセカンドホップを試してみる。なるほど、JCRは、Reposityがそのリポジトリの情報で、ReposityにCredentialsを渡すことで、そのリポジトリにアクセスするためのSessionを得られるのか。っで、そのセッションを使って、Nodeを得る。コンテンツなどの値は、Propertyとして、そのノードにsetPropertyすることで、入るわけなのね。ふむふむ、JackrabbitのTransientRepositoryを使って試しているが、日本語のノードとか作っても化けることはないみたい。すばらしい。リポジトリの中身を見てみると、ノード名とかが実際のファイル名とかになることはないみたいだ。XMLファイル内にそれらが保存されている。なるほどなるほど。これを使いこなせると便利だね~。気になるのは、Credentailsはウェブアプリではどう管理するのがよいのだろうか。そこがよくわからんので、まだ、実践投入ができん。一応、JCR の JavaDoc を眺めてみると、バージョン管理もできるっぽいから、これはいいかもね~。うむ、面白そうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。