Fessの中のSolr

はじめに

これは Solr Advent Calendar 2014 - Qiita 、10日目の記事です。

Fessの中で使われているSolrについて、ご紹介します。
Tomcat上でウェブアプリとか作っておいて、そこにSolrを相乗りとかさせるときに参考になるかもしれません。

Fessの中のSolr

ざっくりではありますが、Solrを同梱しているFessの配布物についてまとめます。

  • FessはTomcatで配布している
  • solr.warをTomcatに配備している(Fessのfess.warと相乗り)
  • SolrにBASIC認証を設定している
  • Fess内ではSolrJでアクセスしている

今回は、FessでSolrJを使って、どのように呼び出しているかの細かい話は省略しますが、SolrLibというものを作って、SolrJをラップして利用しています。

続いて、実際の中身を見ていきたいと思います。

ダウンロード

まずは、Fessをダウンロードします。
現在、ここから fess-server-9.3.1.zipをダウンロードできます。
今回は、特に実行とかが目的ではないので、これ以外は特に必要はありません。

展開

fess-server-9.3.1.zipを展開します。

$ unzip fess-server-9.3.1.zip
$ cd cd fess-server-9.3.1

展開すると、Tomcatをご存じの方はすぐわかるかと思いますが、ほぼTomcatな感じです。
FessでSolrをTomcat上で動かすために変更している部分は以下になります。

  • solrディレクトリ
  • webapps/solrディレクトリ
  • bin/setenv.*ファイル
  • conf/tomcat-users.xmlファイル

Fessの配布物を生成するビルドスクリプトの中で、Tomcatをダウンロードして、Solrをダウンロードして、fess.warをビルドして、必要なファイルを置き換えてTomcatに固め直す、ということを行っています。
それを行っているのがfess-serverというプロジェクトになります。
ですので、そのプロジェクトのbuild.xmlを見ると、solr.warをTomcatにどのように配備しているのかが分かるかと思います。

簡単にですが、置き換えている概要的な説明をしておきます。

solrディレクトリ

Solrの配布物に含まれるexampleをベースにcollection1などを持ってきて、必要なファイルを置き換えています。
schema.xml、solrconfig.xml、solr.xml、core.propertiesはFess独自で用意しています。
あとは、Fessは通常の全文検索のインデックスをcore1として、サジェスト用インデックスにはcore1-suggestという感じで2つのコアを利用しています。

webapps/solrディレクトリ

Solrの配布物に含まれるsolr.warを展開して、webapps以下に置いています。
BASIC認証を適用しているので、web.xmlにその設定を加えています。

bin/setenv.*ファイル

Solr用にはsolr.solr.homeを設定しています。

conf/tomcat-users.xmlファイル

BASIC認証用のユーザーを追加しています。

以上のような形でSolrをFessに組み込んでいます。
という感じで、Solrの配布物を持ってきて、上記のファイルを持ってきて編集すれば、ご利用の環境にSolrを配備して利用することができるようになるかと思います。機会があれば、試してみるのも良いかと。

カテゴリー: Fess, Solr パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.