Elasticsearch River Web

ElasticsearchでfluentdとKibanaと組み合わせてログ集計するパターンはありがちかと思うけど、ウェブのコンテンツを定期的に収集するプラグイン(River)がほしいなっと思い、Elasticsearch River Webを作り始めました。まぁ、簡単にElasticsearch River Webを説明すると、Webクローラーです。内部的にはS2Robotを利用しているので、Fessと同じ感じでクロールすることができます。とはいえ、Fessは全文検索システムを目指していますが、このRiver Webはコンテンツ収集に焦点を当ててた感じになっています。クロールはFessもRiver Webも同じですが、River WebはWebスクレイピングをして、Elasticsearch内にドキュメントを生成していきます。つまり、CSSクエリーで特定のHTMLの場所を指定して、その得られた値をドキュメントのプロパティ(Solrでいうと、1つのフィールド)に格納していきます。なので、集めたいコンテンツの情報だけをインデックス化することができ、Kibanaとかで結果を分析用にいい感じで表示するとかができます。という感じで、River Webはウェブコンテンツの収集・解析などの用途で利用していければな、と考えています。

カテゴリー: elasticsearch パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.