Archiva 1.4 M3のインストール

ArchivaはApacheから提供されているMavenなどのリポジトリ管理ツールである。Mavenなどをよく使うと成果物の置き場とかには悩むかと思うがそれを管理することができる。というわけで、説明はここにあるけど、1.4 M3を既存のTomcat 7などに入れる方法を書いておく。
まず、Archivaをここからダウンロードする。ダウンロードしたら

$ cd $TOMCAT_HOME
$ mkdir archiva
$ cp ~/Downloads/apache-archiva-js-1.4-M3.war archiva

という感じでディレクトリを作っておいておく。そんでさらに、derby-10.9.1.0.jar、activation-1.1.1.jar、mail-1.4.6-rc1.jarをMavenリポジトリなどから入手してlibに置く。

$ cp ~/Downloads/derby-10.9.1.0.jar ~/Downloads/activation-1.1.1.jar ~/Downloads/mail-1.4.6-rc1.jar lib

次にarchiva.xmlを生成する。

$ vi conf/Catalina/localhost/archiva.xml

内容は以下のような感じ。

<Context path="/archiva"
            docBase="${catalina.home}/archiva/apache-archiva-js-1.4-M3.war">

  <Resource name="jdbc/users" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
    username="sa" password="" driverClassName="org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver"
    url="jdbc:derby:${catalina.home}/archiva/database/users;create=true" />

  <Resource name="jdbc/archiva" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
    username="sa" password="" driverClassName="org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver"
    url="jdbc:derby:${catalina.home}/archiva/database/archiva;create=true" />

  <Resource name="mail/Session" auth="Container"
    type="javax.mail.Session" mail.smtp.host="localhost"/>
</Context>

そして、setenv.shに追記しておく。

$ vi bin/setenv.sh
export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -Dappserver.home=$CATALINA_HOME -Dappserver.base=$CATALINA_HOME"

という感じであとはTomcatを起動すれば良い。

カテゴリー: Apache, Maven パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.