Zenbook UX21E

MacBookAirが壊れ、後継機をどうするか悩んだ末、Zenbook UX21Eにしてみた。金額的には6万くらい。重視したのはパフォーマンス、薄さ、軽さ。値段的な面で言うと、薄くて軽いのもあるのだけど、金額を比べると、MacBookAirの方が安かったりする。かといって、MacBookAirをこの時期に買うのは若干負けのような気もしないでもないので、MacBookAirを買うのはやめてみた。個人的なところでは、Macでも良いのだけど、MacのXとLinuxのXが微妙の異なるから、Macにウィンドウを飛ばすとちょっと変な表示されるのも気になっていた。そんなわけで、今回はMacを見送り、ZenbookでUbuntuにしてみた。Windows 7を残しておいても良いかとも思ったのだけど、工場出荷時の状態で40G近く利用されていて、消していくのが面倒くさくなり、Windows 7自体消してやった。という感じで、UbuntuのZenbookの説明がここにあるのだけど、12.04で結構問題なく動く感じ。気になるのはドラッグアンドドロップがMacのように、左手でクリックしたままで右手で移動させるみたいなことができないようなので、困る。あとは、2本指のスクロールが以前のMacOSな感じだから、また慣れるのに時間が必要かも。あとは、Macのときよりタッチパッドの感度が良すぎるのか、期待しないときにクリックした感じになっている。そんな感じでこの環境に慣れるのには時間が必要かね。

カテゴリー: 今日のひとこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.