Octaveの複素数や行列

複素数を定義してみる。若干違和感があるもものiを使えば良いっぽい。

octave:1> z=2+3i
z =  2 + 3i

実数部分を見るにはrealを使う。

octave:2> real(z)
ans =  2

虚数部分はimagを使う。

octave:3> imag(z)
ans =  3

絶対値はabsを使う。

octave:4> abs(z)
ans =  3.6056

共役複素数はconjを使う。

octave:5> conj(z)
ans =  2 - 3i

円周率はpi、自然対数の底はe、精度はepsを使う。

octave:6> pi
ans =  3.1416
octave:7> e
ans =  2.7183
octave:8> eps
ans =  2.2204e-16

行列は[]を使って、行は;で区切り表現する。

octave:9> a=[1 2;3 4;]
a =

   1   2
   3   4
octave:10> b=[1 3;2 4;]
b =

   1   3
   2   4

+、-、*も変数に対して普通にできる。

octave:11> a+b
ans =

   2   5
   5   8

octave:12> a-b
ans =

   0  -1
   1   0

octave:13> a*b
ans =

    5   11
   11   25

逆行列はinvを使う。

octave:14> inv(a)
ans =

  -2.00000   1.00000
   1.50000  -0.50000

octave:15> a*inv(a)
ans =

   1.00000   0.00000
   0.00000   1.00000

転置行列は'を使う。

octave:16> a'
ans =

   1   3
   2   4

行列のサイズはsizeを使う。

octave:17> size(a)
ans =

   2   2

対角行列はdiagを使う。diag(diag())で0で埋める。

octave:18> diag(a)
ans =

   1
   4

octave:19> diag(diag(a))
ans =

Diagonal Matrix

   1   0
   0   4
カテゴリー: Octave パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.