Virtual Machine Acceleration

Android SDKのr17からVirtual Machine Accelerationが導入されている。今まで、遅すぎて使いにくいエミュレータがこれにより、まあまあな感じで動くようになった気がする。設定方法自体はここに記述されている。簡単にまとめると、Windowsなら

  1. Android SDK r17以上にする (現状、2.3系しかないIntel Atom x86 System ImageとIntel Hardware Accelerated Execution Managerを入れる)
  2.  <sdk>/extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager/IntelHAXM.exeをインストールする
  3. 2.3系のイメージでx86のやつを選んでエミュレータを作成する
  4. いつもどおりにそれを実行

という感じ。apkのインストールも今までのように待たされることはないので改善されている感じはする。今後、3系や4系のイメージも作れるようになると良いかも。そんな感じで、今後、エミュレータはARM版は使わないかも。

カテゴリー: Android パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.