Mahoutで自分のjarを作る

Mahoutは最新コードを利用したい場合、チェックアウトして、ビルドして、bin/mahoutを実行して、何かを実行することになります。いろいろとやっていくと自分のコードも実行したくなると思いますが、まぁ、単純にexamplesのsrc/main/javaに自分のパッケージを切って、追加する方法もあるかと思います。でも、やっぱり自分のjarを別プロジェクトにして置きたいな~、というときの方法です。Mahout的に推奨のやり方がどこかにあるのか、わからないけど…。ひとまず、私はこんな感じでやっていますということで。(もっと良いやり方があれば、それに切り替えると思うけど)

まず、自分のプロジェクトを作ります。Mavenが前提で話を進めます。

mvn archetype:generate

maven-archetype-quickstartを選んで、適当なプロジェクト名をつけます。今回はhogegroupのhogeprojectにでもしておきます。プロジェクトができたら、pom.xmlを編集しておきます。

:
<build>
<plugins>
<plugin>
<artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
<configuration>
<source>1.6</source>
<target>1.6</target>
<encoding>UTF-8</encoding>
</configuration>
</plugin>
</plugins>
</build>
<dependencies>
<dependency>
<groupId>org.apache.mahout</groupId>
<artifactId>mahout-core</artifactId>
<version>0.5-SNAPSHOT</version>
</dependency>
<dependency>
<groupId>org.apache.mahout</groupId>
<artifactId>mahout-math</artifactId>
<version>0.5-SNAPSHOT</version>
</dependency>
<dependency>
<groupId>org.apache.mahout</groupId>
<artifactId>mahout-utils</artifactId>
<version>0.5-SNAPSHOT</version>
</dependency>
<dependency>
<groupId>junit</groupId>
<artifactId>junit</artifactId>
<version>4.7</version>
<scope>test</scope>
</dependency>
</dependencies>
:

という感じで良いでしょう。あとは、適当にhogeprojectでsrc/main/java以下に自分のMapReduce的なコードを書きます。できたら、mvn installでビルドしておきます。

次に、チェックアウトしてMahoutのコードに戻ります。2つほどファイルを変更します。まず、examples/pom.xmlを追加します。

:
<dependency>
<groupId>hogegroup</groupId>
<artifactId>hogeproject</artifactId>
<version>1.0-SNAPSHOT</version>
</dependency>
</dependencies>
:

次に、examples/src/main/assembly/job.xmlを編集します。

:
<excludes>
<exclude>org.apache.hadoop:hadoop-core</exclude>
<exclude>org.apache.mahout:mahout-core</exclude>
<exclude>org.apache.mahout:mahout-utils</exclude>
<exclude>org.apache.mahout:mahout-examples</exclude>
<exclude>hogegroup:hogeproject</exclude>
</excludes>
</dependencySet>
<dependencySet>
<unpack>true</unpack>
<scope>runtime</scope>
<outputDirectory>/</outputDirectory>
<includes>
<include>org.apache.mahout:mahout-core</include>
<include>org.apache.mahout:mahout-utils</include>
<include>org.apache.mahout:mahout-examples</include>
<include>hogegroup:hogeproject</include>
</includes>
:

というようにexcludeとincludeに追加します。できたら、Mahoutをビルドします。

mvn clean
mvn install

を実行してください。これにより、examples/target/mahout-examples-*-job.jarにhogeprojectが展開されて組み込まれます。あとは、普通にMahoutの実行と同じで

bin/mahout hogegroup.HogeDriver

みたいな感じで実行できます。

Mahoutは一度ビルドしておけば良いので、2回目からはhogeprojectでmvn installして、Mahoutのexamplesディレクトリでmvn clean;mvn packageをすれば、jarが更新されます。そんな感じで遊んでみてください。

カテゴリー: Mahout パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.