requireに対応

JavaScriptエディタですが,requireに対応してみました.JSのコードでrequire("hoge")とすると,hoge.jsを探しにいき,exportsを持ってきます../hogeのような指定の場合は,そのJSの相対パスになりますが,hogeの場合はプロジェクトのプロパティで指定したパスで探しに行きます(なので,パスを;区切りで指定してください).あとは,バリデーションオプションもプロジェクトのプロパティに加えました.内部的にはClosure Toolsを使っているので,オプションの説明はそれを見てください.

そんな感じで,バグとか,改善点などあれば,お知らせくださいまませ(ベストエフォート対応になりますが).バグとかであれば問題のJSのコードとか,Exceptionが出たならworkspace/.metadata/.log のスタックトレースをくださいー.

カテゴリー: Amateras パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.