XMLとJSONで検索結果を出力する

Solrができるけど、Fessとしても検索結果として表示しているものと同じ内容のXMLとJSONを出力できるようになりました。まぁ、それらの形式で出力できるのは大きなことではないのだけど、この機能追加に伴い、検索結果のデータの持ち方を変更した。今まではDocumentというような独自のBeanクラスでやっていたけど、これをやめてMapに変えた。これによって、Solrでダイナミックフィールドとかにデータを投入しておけばそれも扱えるわけだ。そんなわけで、diconでクロール設定のSolrに投げるフィールドを設定すれば、FessのSolrスキーマでない、Solrにもドキュメント投入などが可能かと思う(ちょっとはスキーマ調整が必要かも)。つまり、Solrを利用するアプリ開発でドキュメント投入部分だけをFessに任せる案も可能では、と思い始める。そんなわけで、今まで Fess がターゲットユーザーと考えていなかった、既存の Solr ユーザーにも利用してもらえる可能性がある変更が入ったかな。

カテゴリー: Fess パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.