SAStruts for Portlet

戻るボタンで戻ったページからページ遷移ができなかったのと、s:link とかでパスに日本語とか渡して受け取るときにURLデコードするようにしました。これで、気になっていたものは一通り直したから、N2 Portal/N2 Collabo 上でテストして問題がなかったら、sastruts-portlet をリリースしておこ(バージョンのrcは取って、1.0.0にします)。

Teedaのときは JSF がポートレットの仕様をサポートしてるから、それを考慮しつつ対応したのだけど、SAStruts の場合はサーブレットオンリーの世界だから、ポートレットの世界上にサーブレット環境を作り上げた感じで、結構、がんばっていると思う。そういう意味では、サーブレットのラップ技術を磨いたかも 🙂 Apache Portals にも Struts ブリッジがあるけど、あれって、ポータル固有のAPIを呼ぶような依存コードを(既に対応してなければ)別途つらなきゃならないけど、SAStrutsのポートレットの場合はそんなものは不要で、ポータルはJSR 168に対応していれば良い。

という感じで、なかなか良いできかと思うので、使ってみてくださいませ。

カテゴリー: SAStruts パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.