決定回避の法則

「選択肢が増えすぎると、人はむしろ何も選べなくなる」っていう決定回避の法則の話があるけど、試しに N2ショッピングでセール品をガッツリ用意して商品一覧(4x5個表示されるとこ)の上の方をセール品で並べてみたのだけど、売上げは落ち込んだよ・・・。やっぱりセール品をいっぱい置くと目立たなくなるし(赤で表示されるセール価格の効果も落ちる)、購買意欲はむしろ落ちて選ばなくなると思う(顧客のアクセス動向を見てもそんな気がする)。まぁ、でかいECサイトだと、状況が違ったりするのかもしれないけど。というわけで、現在は以下のようにセール品も減らしている(母の日まだでしたらどうぞ。ついでに宣伝です(^^;)。セール商品数もバランスが難しいですね~。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/n2shopping/special.html

学生の頃にデータマイニングとかやっていたから、そういう知識発見や機械学習とかには興味があるので、そういう商品取扱いデータから売れるように何かを機械的に発見できる仕組みが欲しいと思う今日この頃。でも、現状、発見対象となる元になるデータがうまく取れないので、まずはそこをどうするかを考えないといけないな・・・。

カテゴリー: Work パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.