TestLinkでテストケース

使い方がだんだん分かってきた。

  • ユーザーを作る
  • プロジェクトを作る
  • 作ったユーザー(leader級権限を持つユーザー)でログインする
  • 要件を作る
  • 作った要件からテストケースを生成する
  • そのテストケースを修正する

という感じの流れで、テストケースを作るのが良さそう。テストの実施については、それらを割り当てるだけなのだけど、1つのテストケースをある条件(たとえば、あるテストケースをテスターAにはIE、テスターBにはFirefox)で割り当てられなさそうなのがちょっと面倒。それ以外は、特に気になるところはないかな(今のところは・・・)。そこそこ使えそうな気はする。

カテゴリー: Tech パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.