GlassFishでURLに:

GlassFishで動かしたときのPALポータルで「invalid URLPatternSpec」をくらう問題だけど、GlassFishがURLPatternSpecで:をセパレータ(?)に使っているところが原因みたい。Jetspeed2では、アクションのURLでパスのところに:が入るから、これに引っかかる。RFC 1738 を見ると、hpath は:が使えるみたいだから、Jetspeed2が悪いわけじゃないな。そもそもURLPatternSpecが何者かがはっきり分かってないけど、ぱっと見た感じだと、これは回避できないような気がする。はて、J2側で何とかできるかな・・・。

追記: いろいろと見てみたのだけど、GlassFish の設定では回避できない気がする(バグ?)。SSLでアクセスすればそこのチェックに入る前に終わるのでいけそうな気もするけど、それじゃね・・・。JACC が絡んでいる話なのだと思うけど、何でリクエストのパスに対してもURLパターンを取得しようとしているのかがよくわからん(知識不足・・・)。J2側も : はハードコードしてあるから、いじるの面倒。でも、それが一番手っとり早い気がする。

カテゴリー: Java, Jetspeed パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.