WebLogicのoptimistic-serialization

お~、こんなオプションがあるのか。はまったよ。コンテキストが違う値をリクエスト属性とかに入っている状況で、それを取ろうとすると、取得する前にシリアライズおよびデシリアライズするとはね。ポータル環境だと、ポートレットレベルでポータルの値を取ろうとすると、普通にこれに引っかかるし。あれこれ考えてしまったよ・・・。まぁ、このオプション一つで解決した。

Teedaなpal-adminは、さらにクラスローダーではまったのだけど、それはprefer-web-inf-classesで回避。細かい話はあるかもしれないけど、ざっと試した感じではPALポータルはWebLogic上でもいけるかと。ログイン回りがJAASのログインモジュールが単純にはいけないみたいだから、ポータルフィルタで回避するしかないけど、特に問題ではないからよしとしておこう。という感じで、いろいろと勉強になった。

カテゴリー: Java, Portal パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.