Jetspeedのコンポーネントをサーブレットで使う

ここ数日、J2で管理されているユーザー情報とかにアクセスする普通のサーブレットとか作らなきゃならなかったのだけど、それをするにはどうするかをメモしておこう。やり方は簡単で、org.apache.jetspeed.Jetspeed を使うだけ。例えば、

UserManager userManager = (UserManager) Jetspeed.getComponentManager()
.getComponent("org.apache.jetspeed.security.UserManager");

というようにやれば、サーブレットで普通に UserManager コンポーネントにアクセスできる。別にコンテキストが異なるサーブレットでも、これでアクセス可能。仕組み的には、Jetspeed クラスの中に JetspeedEngine のインスタンスが突っ込まれているから、という感じ。UserManager 以外のコンポーネントについても同様にやれば、アクセスできる。

カテゴリー: Jetspeed パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.