JSR 301 をちらっと見る

軽く眺めてみる。細かいことは見てないけど、GenericFacesPortlet クラスが指定された Bridge インターフェースを呼び出して処理する仕組みらしい(Teedaの場合、対応する処理はFacesPortletになるけど)。つまり、Bridge インターフェースを実装して、中身を切り出して作れと。あとは、GenericFacesPortlet が viewId を扱うみたいだけど、処理を Bridge に移して、それがすっきりできるもんだっけか・・・。まぁ、GenericFacesPortlet が jar として、配布してくれないと、対応するには早いかな。という感じで、JSR 301 の引き続き動向を見守ろう・・・。

カテゴリー: JSF パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.