オープンソース点から見るN2広場

オープンソースという観点からN2広場を考えます。N2広場ではどんどんオープンソースプロダクトを採用していきたいと考えています。っで、まずは、主に、

  • Jetspeed2/PALポータルって、使われているの(使えるの)?
  • Teeda(Seasar2)って、本当にポートレットで使えるの?

というのに、答えていければと考えてます。

まず、Jetspeed2/PALポータルですが、N2広場はそれらベースになっています。素のJetspeed2からこういうポータルを作るということも考えられますが、j2-adminでは管理できるユーザー数に限界があるので、PALポータルにある pal-admin でないと厳しいかと。基本的に、N2広場で利用しているソースコードは、Jetspeed2/PALポータルにコミットしてオープンになっているので、N2広場のようなパブリックなポータルを作ろうと思えば、PALポータルをベースに作成可能です。

次に、Teeda(Seasar2)に関してですが、現在、動かしている 3 つのサービス(グッジョブ、DesIT、Outatime)は、Teedaベース作りました(そんなに複雑なアプリではないですけど)。普通に JSR 168 のポートレットとして、Jetspeed2/PALポータル上で動いてます。Teeda で作成できるおかけで、さっくり作ることができました 🙂 さすがに、素のポートレット API で作ると、大変ですし・・・。そんな感じで、ポートレットとして、Teedaアプリも作れるわけなのです(ただ、JavaScriptを使うようなコンポーネントについては、id問題があるので検討が必要)。

以上のような感じで、N2広場を通しても、オープンソースの開発に貢献していければ、と思います。

カテゴリー: Jetspeed, PAL, Seasar, Work パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.